top of page

宇治十帖の上生菓子 - 源氏物語 第48帖『早蕨』


宇治十帖の上生菓子

4月 源氏物語 第48帖『早蕨』


この春は誰にか見せむ 亡き人の形見に摘める 嶺の早蕨


中の君が詠んだ歌が巻名の由来になっています。


父の法の師だった宇治山の阿闍梨から早蕨や歌が届けられ、

父も姉も亡くした中の君は、それを嬉しく思いながらも、

亡き2人にその春を見せることができないことを嘆きます。


匂宮は、宇治から二条院に移った中の君を大切にしますが、

薫と大君の思い出を親しげに語る姿に、不審の念をいだきます。


登場人物の錯綜する気持ちを、淡いブルーと清らかな白で表し、中にキャラメル桜餡を仕込みました。


不安と期待の混ざる春を、早蕨のお菓子でお楽しみください。


和菓子作家まきのあや が1つ1つ作り上げておりますので、数に限りがございます。

売り切れの際は、ご容赦くださいますようお願いいたします。



コメント

コメントが読み込まれませんでした。
技術的な問題があったようです。お手数ですが、再度接続するか、ページを再読み込みしてださい。
bottom of page